女の人

産後のスタイル改善に挑戦しよう|骨盤矯正の見事な効果

枕の選び方のコツ

寝室

寝姿勢で状態を確かめます

理想の枕を選ぶためには、購入の際にも一工夫が必要です。枕は、外観だけではその寝心地が分からないのが特徴です。ですので、購入するときには実際に寝心地を確かめてみます。大手寝具店やデパートなどを利用すれば、寝心地のチェックが可能です。この場合、仰向けや横向きといった様々な姿勢で枕のあたり具合を確かめます。快適な寝心地が叶う理想の枕の多くは、起き上がっているときと同じ状態で首を支えます。頚椎に余計な負担がかからず、自然な状態が保てることが枕選びで重視したい重要ポイントです。寝具専門のアドバイザーに相談すれば、客観的な視点で寝姿勢を見てもらえます。理想の枕は、じっくりと時間をかけて選ぶことが必要です。

首にも枕をあてます

正しい枕の使い方は、理想の枕を探す上で不可欠になる知識です。枕は、頭と首の両方を支えるのが理想的と言えます。頭のみを枕にのせている状態は、首の健康にマイナスです。安定感がなくなり、首や肩に不自然な力が加わります。負担が大きくなる頭の位置だけが高い商品は、特に避けたい枕の一つです。理想の枕は、頭から首にかけての部分を十分に支えられることが求められます。頭と首がゆったりと枕にのるような状態が、理想的な寝姿勢です。首の部分に空洞が出来ると、概して首や肩の筋肉に支障が出ます。長期的なストレスは、肩こりや頭痛を引き起こす一因です。寝姿勢は睡眠の質にも関わってくることから、健康上も軽視できない問題に数えられます。